FC2ブログ

プロフィール

KEN1ujii

Author:KEN1ujii
釣り好きのオッサンでございます。
その他にも趣味はいろいろございますが、ここでは釣りに限定して書いていきたいと思います。
まっ、独り言のようにブツブツ講釈たれてるだけですので、基本ハイハイって流しつつ読んでいただけると幸いです。
内容は大半は道具に対する考え方になるかと思います。
ホンネは、最近減ってきた釣りに行く時間のストレス解消の場といったとこでしょうか(笑)
主なフィールドは、青野ダムや琵琶湖、東播野池です。久しぶりに池原・七色とかも行きたいな~遠いけど。

ありがとうございます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
まとめ

新兵器

昨年、愛用魚探(ワンダースワンの簡易魚探ですが・・・)を海に沈めてしまい、どうしよかと思案していました。
そして、冬の間に意を決して買おうと。
ローランスかホンデックスか迷いに迷って、本格的な魚探の練習をとりあえずしたいということ、買いやすさ、電源の簡単さでホンデックスに。
ローランスはデータの引き継ぎもできるしほしかったんですが、値段と売ってるところがイマイチわからんということで今回は諦めました。


買ったのはPS611CNという入門用のポータブルタイプ。
乾電池でもバッテリーでも、モバイルバッテリーでも動くというシロモノ。
レンタルボートが主体なもんで、これくらいから始めて見ようと。

そうなると取り付け方法。
色々と思案し、作ってみました。
本体はこんな感じ。


これに振動子を船に固定する器具を作成。

塩ビパイプの先に振動子と水温センサーを取り付け。水温センサーは海での使用を考えて、海水用のものを。


先端はパイプを組み合わせたり、穴開けたりして取り付け。
パイプの長さはしばらくしたらカットする予定。


パイプの固定と、本体の取り付けは竿受けを利用し取り付け。これでとりあえずはできました。

先日の釣行で使ってみましたが、クランプの取り付け部の浅さが気になりなかなか船に付けれないトラブルが発生。
なんとか後方部に着けれました。
しかし、後ろにつけると、エンジンで走行中でも波の影響がほとんど受けないので安定しています。これはこれでいいかも?
クランプを2つ使うかして考えよう。
配線がギリギリなのが気になるとこなので、もう少し考えます。

魚探自体は今までよりかなり見やすく、使えます。これから味方を勉強したいですね。

スポンサーサイト

ホルダー



さて、100均で売ってるコヤツ。
以外と便利なのがわかりました(^^;)
なんと、ロッドホルダーにぴったり。
まぁインテリアバーが必要になりますが、脱着しやすさや、汎用性の高さで、専用のロッドホルダーよりかは使い勝手は劣りますが、かなり良さげになりました。


こんな感じです。

前は

普通にバーに挟み、フック部にロッドを置きます。

後ろは

クリップ部はロッドを挟み、フック部でバーにひっかけます。

すると、意外とバランスがとれて落ちません。
これなら5.6本くらいはつけれそうです。
また、上にも乗せたらもう少し積めそうですね。
ちょいしばらく使ってみます。

クリスマスプレゼント



マグロの解体パズル(笑)
見つけた時は、魚っ!!としました。そして、思わずリアクションバイト!!
ちなみにチビへのプレゼントですので、あしからず(笑)

夢はでっかく



少し前ですが、自作メジャーシートを新しいのを作ろうかとおもっていたら発見。
TULALA モンストロメジャーシート
ボートだと風で飛んでいかないか心配だけど、妙にツボにハマるので、お持ち帰り。
ん、何か改造するか悩むとこです。

この絵みたいに大きいのが釣れるといいな。

備忘録として

ちょっと備忘録がてらに。
今年はほぼ琵琶湖にしか釣りに行ってません。
まぁ月一は船に乗って出たいなぁと思っていて、今年はそれをやっています。
その代わり、ルアーとかの釣り具は消耗品以外あまり買わなくなっていて、ワームとかは8割方在庫を使ってます(笑)

そこで、今の琵琶湖ではグラスパンチが釣りの組み立てには欠かせなくなってきているわけで・・・
通常ではジカリグ系でしますが、糸ヨレとシンカー直付けだとフックに絡んだりもするわけで。
ちょい健ちゃんに教えてもらった、こんなシステムをしています。


フックにリングを装着。
そこにWクレンタイプのスイベル。
そして、タチウオ用のワイヤーリーダー7cmをつけます。
この部品は接続部をチューブでもともと保護してくれているので楽チン。そして下のスナップにシンカーを付ける訳です。
これの何が良いかって、シンカーの重さを直ぐに変えれるんですよね。
いちいちリングをプライヤーで開けてってを湖上でしなくてもいいと。
あと、ワイヤーなんでウィードが絡みにくいってのがあります。
ショートダウンショットみたいな感じです。
庄司プロのパンチショットシンカー良いんですけど、いちいちシンカーを買い換えるのも高いし(^^;)


そこでフックですが、最近ナローゲイブのフックがお気に入り。
このパンチショットでは


がまかつ WORM34R
太軸ワイヤーでいい感じ。デカいの掛けてもビクともしません。ウィード抜けもいいのでパンチにはこのフックを使用。

そっからチビのダウンショットとか、色々使えるので最近は少し軸の細いこの子。


イチカワフィッシングのTG1がお気に入り。
これの4番なんてライトリグにピッタリ。
よく刺さるしいい感じです。


そして、なかなか売ってませんが、

カルティバ バルキースピア

このフックですが、こんな刺し方します。

つまり、ストレートフックに近いセットになるんです。とても良いんですが、フックの在庫があるのと、なかなか売ってないのでまだ完全に導入していません(^^;)
これの細軸でスキニーリップてのもありますんで、そのうち廃盤にならなければ足していきたいですね。サイズが大きいので用途は限られますけど。




| ホーム |


 ホーム  » 次のページ