プロフィール

KEN1ujii

Author:KEN1ujii
釣り好きのオッサンでございます。
その他にも趣味はいろいろございますが、ここでは釣りに限定して書いていきたいと思います。
まっ、独り言のようにブツブツ講釈たれてるだけですので、基本ハイハイって流しつつ読んでいただけると幸いです。
内容は大半は道具に対する考え方になるかと思います。
ホンネは、最近減ってきた釣りに行く時間のストレス解消の場といったとこでしょうか(笑)
主なフィールドは、青野ダムや琵琶湖、東播野池です。久しぶりに池原・七色とかも行きたいな~遠いけど。

ありがとうございます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
まとめ

リトルゾーイ/THタックル

あれよあれよというまに12月。
釣りも11月半ばから全く行けてません。
ストレスがたまります・・・
で、12月というとセールが始まる時期。
早速、梅田にある某○番もセールが始まったので先日早々に行ってきました。

欲しいものだらけで悩みましたが、10%オフだったので買ってみました。
そのうちの1つがコレ。


リトルゾーイ/THタックル
全長 81mm
重量 17g
スローシンキング



ギル型のI字系ルアー。
先に発売されているゾーイの小型盤です。
ホンモノから型どったリアルなボディーは見れば見るほど感心していまいます。



ゾーイと比べたら一回り小さいですね。
それと、フックとブレードのセッティングも変わってます。
ヒレのところにあったフックが無くなっていますし、ブレードもフックの前にきています。
お風呂テストをしましたが、このブレードセッティングはやはり少し早く巻くとフックに干渉してカチカチ音を出してしまいます。
うむむ。なかなか楽しいかもしれません。
来年が楽しみになってしまいまいました♪
スポンサーサイト

ゾーイ/THタックル



ゾーイ/THタックル
全長91mm
重量33.5g
スローシンキング

ギル・ギルに続く、リアル系ギル型ルアー。
ギル・ギルはS字アクションすますが、こちらはI字アクション。
ギル・ギルでは動きすぎるのでもっとスローに誘いたいという声からできたと記憶してます。


なんといってもこの艶かしい艶々したボディがたまりません。
フックは魚の胸ヒレの位置にあり、両面に1つづつあり、フェザー付きなので止めていても水流でゆらゆら誘います。
また、テールのラバーの中にも1つ隠れてあり、ついばみバイトを獲れるようになってます。
なので、3フック仕様です。

そして、スローに巻いているときは小さなブレードがアピールしており、リアルボディに様々な要素が詰め込まれたルアーです。

これからのギルネストパターンで面白いことできそうですね~
もちろんサイト戦で(^_^)

バスのネストのサイトは基本やらないようにはしていますが、シャローメインでやっている以上釣れてしまう可能性はいなめないんですよね。
これからの時期では、釣れたスポーニング絡みと思われる魚(どの季節でも釣れた魚)は、写真もそこそこに直ぐにリリースを心掛けしています。
いつまでも魚釣りがしたいですし、フィールドを大切にしていきたいですからね♪
もちろん、海釣りとかでも食べる分は持って帰りますが、小さい魚や食べれないのに持ち帰ったりはしません。釣りはしたい時は、釣れたら魚に極力触らずにリリースします。
釣り人の勝手なエゴですが、魚に感謝の気持ちをもっていきたいです。

ゾーイ スペック : 今日のハマティ

ギル・ギル/THタックル



ギル・ギル/THタックル
全長90mm
重量22g
スローシンキング

ホンモノから型とったの?といわんばかりの超リアルボディーで驚きがとまりません。


良く見ると左右非対称のジョイントボディがレスポンスのいいアクションを生み出しているそうです。
確かに、たた巻きでは巻き始めからピッチの短いS字軌道を描き、トゥイッチでもクルクル回ります。

付属のフロートとウェイトを使って微妙な沈下速度の調整も可能に。
でも、ジョイントのピンを抜くので、現場でやると落としたらルアーそのものが復活できない可能性があり、やりにくいです(笑)

こんなリアルなルアーでも釣れるし、オモチャみたいなのでも釣れるし、釣りって面白いですね~
THタックルの濱田さんの発想力にはいつも驚かされますし、そんな発想が私は大好きなんです(笑)

ギル☆ギル : 今日のハマティ

ノイズ&ワカサギ/THタックル


ノイズカッター/THタックル
全長90mm
重量7.7g

THタックルが放つ、システムI字系ルアーの第1弾。
メチャメチャリアルな造形と塗装で艶かしく仕上がりは流石!!
一見本物と見間違えてしまいそうです(笑)
独特の三角形のアイがスローに引くときのブレ(ノイズ)をなくして(カッター)くれます。
また、アイとスプリットリングの重みで自然に頭から沈みはじめるのでラインスラッグをとるだけの超スローにも対応?本来の使い方?ができます。
ただ、極細のテールの素材はすぐに引っ掛かるのでめんどくさいです・・・
けど、見てるだけでもムフフなルアーですd(^-^)


ワカサギプロップ
全長90mm
重量8.2g

I字系システムルアー第2弾。
ノイズカッターと同じボディにホバリンブライスプチのプロップを装着したモデル。
もう、これは鉄板でしょ(笑)
ホバリンブライス愛用者としてはたまらないモデルです。
プチはサイズが選べなかったですが、これは選べるのか楽しみですね♪

ちなみに、I字系システムルアーの紹介はコチラ。

システム : 今日のハマティ

どうやら4部作で、一番弱いのがノイズカッター、2番目に強いのがワカサギプロップ。
とりあえずこれだけでもハイシーズンが楽しみですが、残り2つが気になりますね。

バイリンガル180



THタックル
バイリンガル180
180mm 約50g

超リアル系I字系ビッグベイトです。
インジェクションで出せない微妙なカーブが動かなくても光を乱反射してくれるようです。
また、下についている小さなウィローブレードが控えめにアピール。
スローにいくとブラッシング、スピードを上げるとフックに干渉して接触音がします。この音の強弱もポイントのようですね。

今年は釣りにいけないので、来年にガツンと釣れる日を夢見てイメトレです(笑)

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ