プロフィール

KEN1ujii

Author:KEN1ujii
釣り好きのオッサンでございます。
その他にも趣味はいろいろございますが、ここでは釣りに限定して書いていきたいと思います。
まっ、独り言のようにブツブツ講釈たれてるだけですので、基本ハイハイって流しつつ読んでいただけると幸いです。
内容は大半は道具に対する考え方になるかと思います。
ホンネは、最近減ってきた釣りに行く時間のストレス解消の場といったとこでしょうか(笑)
主なフィールドは、青野ダムや琵琶湖、東播野池です。久しぶりに池原・七色とかも行きたいな~遠いけど。

ありがとうございます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
まとめ

なんちゃって


家にバスとビワコオオナマズのフィギュアがあったので、瓶と草と透明の部材を買ってきて、なんちゃってアクアリウムを作ってみました

眺めてると、釣りに行きたくなってきます・・・
スポンサーサイト

ビッグベイト


ビッグベイト・・・それは男のロマン
けっしてマロンでもビックラポンでもありません。

その中でも、私が最も愛すべきビッグベイトがAC Plugです。
メリカン製ハンドメイドのやつなんですが、見た目の第一印象が「雑(That'sではありません)」

なんせ、同じ形・色が2つとありません
ニスの垂れなんて当たり前、スイムテストしたのか、アイがおもっきりいがんでたり、目が左右で位置が違ったり、同じインチでも微妙に長さが違ったり、ジョイントの位置が違ったりします

しかし、このアバウトなシロモノでも泳がすとイイ動きをして釣れるんですよね
ルアーって不思議です
写真は、上から
AC MINNOW 9インチ
AC REAL TROUT 8インチ
AC HATCHERRY 8インチ

ちなみにお値段はひとつ約1万くらい
最高は15000円ほどしました
重さは約4~5oz
諭吉さんをブン投げているようなもんですね

おまけに、ハッチェリーなんてスローシンキングなんで、陸っぱりでは投げれません
なので、ラインはナイロン25~30lbを使用しています

初めて釣った時は、笑いが止まりませんでしたし、なんとも言えないアドレナリンが出まくりでした
しばらくは、なりを潜めてましたがそろそろビッグベイター復活しようかな~
あっ、先日ベイトフィネスタックル揃えたとこだった

けど、こういう変わった釣りも楽しめる、バスという魚は面白いですね

やはりプロップ


今年初めて使ってみます。
deps PROP JIG SHALLOW TRACER

やはりここでもポイントはプロップ系
狙いはシャローのバス青野でデカバス狙いに導入してみました

琵琶湖行くならもう一つ重たいの欲しいですね
トレーラーは何がいいかな・・・
デスアダー?シャダーテイル?デスアダーグラブ?
悩むとこです

おったな!!


先日、某釣具屋さんでお釣りを募金したら、こんなシールが貰えました
ただ、ボックスに貼ると水に濡れたら剥がれてしまいそうなのでどうしようかと考えてます

バイブレーション


昨日の続きです
私が使うバイブレーションとして、メインのものを紹介します

写真左側3つが、今は廃盤になった、TDプロズバイブレーション 105Sのラウドネス・ウーファー・サイレントです
高音・低音・無音で使い分けます。
ちなみに、もう売ってません

右側は上からTDバイブレーション106S ウーファー、TN60、TN50です。

それぞれローテしながら釣れる動きを探していきます。ハイシーズンではパイロットルアーとしてサーチベイトとして多様します。

欠点はバレやすいので、気をつけることくらいでしょうか?
意外に根掛かりしないので底のズルズル引きもいけますただし、早巻きすればですが

しかし、あのガツンとしたアタリは病みつきになります

自称バイブ職人さんに教えてもらうまではほとんど使ってないルアーでした

TN

音についてもう少々。

私は結構バイブレーションを使います。使い方は、バイブ職人を自称する友人からパクってますが・・・

で、よく使うバイブの一つに、ジャッカルのTNシリーズがあります。
メインはTN50で60もたまに使います。

そして、このTNシリーズにはいろんなラトルサウンドがあります
ノーマル・FT・サイレント・イヨケン・マルハタ・プリスポーンなどです。
はっきりいって使い分けに困る量です

一般的に、高音域は万能、低音域はデカバスと言われてます。ちなみに一番パワーが強いのがサイレントになるんですよね~以外ですが

そこでこのTNには隠された音があるのをご存知ですか?
それは、ボーン系素材のカラーは通常素材のカラーと微妙に違うんです一時期、ボーン素材が流行ってましたね

全部はわかりませんが、野池ギルというカラーはそうですね

他メーカーでも多少の違いがあるので、使い分けてみても面白いかもしれません。
そんなに釣果に差が出るとは個人的に思いませんが、釣れた時に講釈たれる知識としては面白いですね

Basser


本日発売
読み応えありそうです先日、ザ・ヒットでモリゾーに密着していたバスマスタークラシックの記事がてんこ盛りです

音の工夫

昨日に少し音について触れました。

色々なビルダーの方のブログを見ていると、音についてはかなりこだわりを持ってはります

例えば、昨日のNLWのルアーもそうですし、KTWのスナブノーズというルアーでは、テールが激しく振ってフックがボディやヒートンなどと接触してウッドクランクなのに音が響きわたるのがミソになってるのもあります。
ホバリンに至っては、テールプロップのヒートンをネジにすることによって微細なチリチリ音を出しつつ回転に変化を付けてはります
バズやスピナベはそのままですね

音はラトルだけ?と思いきやいろんな音があるもんです
どれが効くのかはわかりませんが、音一つとっても奥深いですね

後最後に、陸っぱりの時はドタドタ歩いていると結構水中に響いてるみたいですね特にコンクリートの上はすごいみたいです。
はじめてフィールドに入る時は、忍者歩きで遠距離で岸際をねらうと面白くなりそうです

NLW


昨日はプロップベイトについてでしたが、今日はブレードについて少々。
ブレードと言えば普通はスピナベやスピナーなどを思い浮かべますが、私が注目したいのが、クランク+ブレードです。
昨年はイマカツのワドルバッツがブレードを搭載し千鳥足を出してましたのは記憶に新しいところ。

そこで、ひねくれ者の私は今ハマっているメーカーにブレードだらけのとこがあります。
「ニシネルアーワークス」
日本人がカナダで生産し日本に送っている樹脂製プラグです。
写真は上から、デカビーツァ・ブレードクランク・デンプシーテールです。

これらのルアーには多少秘密がありまして・・・
ブレードによって時折、千鳥足になるのは想像つきますが、それにブラッシング効果もでます。
最大の秘密は・・・音
ブレードとフックが干渉して金属音がアピールしてくれます。
ルアーのアクションに様々な要素が絡んだアピールがまず、私がバイトしてしまいました

まだまだ使い込んでませんので、これで豪快に釣り上げたいですね

Wプロップ


昨年より世間では流行り始めたWプロッププラグ。今年はさらに色んなメーカーが参入するみたいです。

私も昨年の夏以降に導入して以来、久々に爆発的釣果(小バスですが)を記録し、ハマってきました

で、今年はもう少し色んなのを使い込んでみようと思います
使う場所、コース、スピードなどだいたいは掴めてきたのですが、この辺もデータを集めないといけないかなとも思います

写真は今の手持ちです
まず、右側3つ上から、オチアユWP125F・ビハドウ110・Aプロップです。これらはフローティングタイプでステイもできるタイプ。

左側3つ上から、スクリューベイト・デンプシーテール85S・ホバリンブライス70です。こちらはシンキングタイプでいろんなレンジを通せます。が、スクリューベイト以外は基本的に水面下1メートル以内での使用で実績があります。

どっちかと言えば、ルアーを目に見えるところを通すのが好きなので、トップに違い使い方をします
これらは、10センチから50センチまで幅広く釣れるので、使いどころを探りたいですね
あの横からミサイルが飛んでくる如くあのアタリや、ルアーが瞬間移動したりするのが楽しくてたまりません

○ッパー警部


昨日の釣行で活躍したポッパー。使い勝手がいいので重宝します

特にミニポッパーはサイズ問わず釣れるのでいいですね

ちなみに昨日の使用ルアーはコレ。
「YABAIチュッパミニ」
色は、私は派手なのが好きなので、目立つ色を真っ先に使います。
だって、遠くからでも見やすく、ウキ代わりになりますんで

リアルなカラーとの釣果の違いは、特に関係ないような気もしますが、よくわかりません
どうせニセモノで釣るんだからオモチャみたいなので釣った方が楽しいですもんね

青野釣行(3回目)


今日は、いつもお世話になっている掲示板のオフ会で青野ダムに行ってきました。
朝から雨風吹き付ける中頑張ってきました^^
結果は約49cm1匹のみでした^^
あとは、1匹はバレました・・・
今年も幸先のいいスタートを切れました!!
今シーズンも楽しんでいきたいと思います。

面白かったのは、ヒットルアーがポッパーだということ。
ローライトコンデションということと、水深があまりない(実際みたら30cmくらい)ところをステイを入れて責めたかったので選択したのですが、見事に1投目でドンピシャリでした。
気配を極力消し、ルアーを川上から川下に向かって投げて引っ張って、立木の際を通したら出ました。

そして、使用タックルが先日書いたベイトフィネスタックル。
今日も1日使ってみて、陸っぱりにおいてかなり使い勝手がいいのに感動しました。
1/16のネコから小型プラグまでなんなりこなせます。
特にキャストのコントロールやプラグの操作性が格段に上がったのには感動。
竿もいいんですが、コスギワークスチューン アルデバランはかなり使いやすいです^^
しかし、欠点もでてきました。回転しすぎるゆえに風向きを気にしてブレーキブロック調整を行わないと、向かい風になったとたんバックラッシュしやすくなります。ここは慣れの問題かもしれませんが・・・
あと、竿のリールシートACSはどうも私の手には馴染みにくく、長時間使ってると手が痛くなってきました。
ちなみに、ラインはサンライン FCスナイパー 8lbを使用。
この新型FCスナイパー。昔のに比べてかなりしなやかに感じたんですが・・・気のせいでしょうか???

今年最大の新兵器


今期からの導入にギリギリ間に合ったニュータックル。
NOIKE SEITEN MICRO CUSTOM MCー64L
SIMANO ALDEBARAN MG7(コスギワークスチューン)

いわゆる今流行のベイトフィネスタックルでございます。
リールは少しいじっていまして、
スプール・・・EZcast spool A252(コスギワークス)
ベアリング・・・セラミックボールベアリング(コスギワークス)
ハンドル・・・EZハンドル82(コスギワークス)

ロッドは、今年の流行?機能も書きました小口径のモデルで、Lパワー。
ガイドが12個もついております(笑)
このシリーズにはULパワーも存在するんで使ってみたいんですが・・・いかんせん高いのでもう1本は無理です><

これで、昨年の悩みであったライドリグや小型プラグのキャストコントロールがマシになると期待しています。
(いかんせん下手くそなもので、道具に助けてもらわないといけません^^;)

本日、少し時間があったので試し投げにいってきました。
感想は・・・凄いの一言です。
最初は慣れないのでバックラッシュしまくりでしたが、少しなれてくると、1/16のスワンプクラスのネコリグが20mくらいはぶっとんでいきます(笑)
しかも、ラインも8lbを50mくらいしか巻いていないので多少バックラッシュしても簡単に治ります^^
リールはベアリングだけ交換したノーマルスプールを以前に投げましたが、まったく別のリールに変わっていておどろきです。スプール一つでこんなに変わるとは・・・
ロッドもティップの硬さが絶妙で軽い重さでも乗せて投げれますし、バットは結構パワーがある感じです。
数時間投げて思ったことは、ベイトフィネスをちゃんとしようと思うと、ロッドとリールがバランスよくないといけないと思いました。けど、最低限はリールが対応していればできるとも思いました。
スピニングとの使い分けでさらに便利な道具になると思います^^
早く魚を掛けてみたいですね!!

雨後のタケノコみたいに


今年、大流行のベイトフィネス。
それと共に各メーカーがゾロゾロ出してきたマイクロガイド仕様つまり小口径ガイド仕様。
写真のようにかなり小さいです。ちなみに、バットから一番近いガイドを比べてみました

数年前からアメリカでポロポロ出だしたこんな竿。昨年はスキートリースのシグネチャーモデルでも採用されたまるでチヌ竿みたいな感じ。

さて、一時期スパイラルガイドが流行りましたが、それと同じく沈静化した時に消えるか生き残るか・・・
どうでしょうか

要は通常ガイド仕様との特性の違いを理解し使っていけば大きな武器になると私は思います

ミノー+??


昨シーズンからプロップやブレード系にハマってるんですが、手持ちのルアーを使っていじってみました

まぁ大層なものではないんですが、ジャッカルのスカッドミノー95にウォーターランドのスピンソニックのテールを追加しました。

このスピンソニックのブレードは、コロラドの二枚重ねでくるくる円を描くように回ります。
これをミノーのテールに着ければ面白くないかい?と思い作ってみました

結果・・・微妙なロールをしながらテールは回転しているという面白そうなもんができました
トップシーズンが楽しみです

結構色んなミノーを試しましたが、ボディの大きさや重心移動の有無を探していくと、90くらいのボディに重心移動はナシのがしっくりきた次第でございます

ラバジ


ラバージグ。私がよく使うのがフットボールジグです。基本的にズル引きでオープンウォーターの地形の変化を狙っていきます。

重さは3/8がメインで、深さなどに応じて前後させます。個人的にはショートシャンクのが根掛かりが少ないように思います
セッティングとしてはチョン掛けが実績が高いんですよね
写真のバンピーホッグ2.5インチがお気に入りで、浮力が強いのでチョン掛けだと水中で立ち上がるんです。で、一点でつながってるのでユラユラ動きを妨げません

ちなみに、昨年度もこれで50upを青野で釣ってますのでデカバスも釣れますよ
タックルは、ヘビーロッドに16lbフロロを使用してます

琵琶湖においては、また特殊なフィールドでウィード相手ですのでハネラバなどありますが、また気が向けば書きます

秘密兵器


今年投入予定の秘密兵器、THタックル「モーラ95」。
各パーツをPEラインで繋いである多連結型ミノーです。テールのピロピロした動きがそそられますそういや、イマツからもよく似たのが出るみたいですが

扱いは難しそうですが、昨年爆発的に釣れたWプロップに続いて爆発してほしいですね

ちなみに、濱田さんの手作りなため、あまりにも生産性が悪く生産中止になったシロモノです
が、今年は「モーラ2」としてアクションとジョイント部分を変更して出るみたいです。

未知数なリグ


今年試してみたいリグに、通称「ジカリグ」と呼ばれるものがあります。

写真を見ていただけるとわかりますが、フック直結ダウンショットです
まだ一度しか試した事がないので、なんとも言えませんが、噂ではカバーに入りやすく、根掛かりしにくいみたいです

ただ、家ですべてセットしていかないと、現場でのセットがかなり面倒なんですよね
写真では、リングに#1のフックとスイベルに2.7gのシンカーを着けてます。もうしばらくしたら、シマノ?カルティバ?から杉戸ガイド仕様のものが出るみたいです

ひょっとしたら、少しは流行るかもしれませんね

ビッグスプーン


今年は少し試してみようかと準備中のビッグスプーン。
写真は、ストライクキング社のセクシースプーンです。
重さは21グラムあります。色んなところから情報を集めて、少しチューニングしてみました。

まずは、回転による糸フケ防止にローリングスイベルを装着。そして、上の方のバイトに対応するためにアシストフックをつけてみました。フィット感と脱着のしやすさから少し大きめのダブルフックにしてみました。

テールフックは、今は赤い針にしてますが、シングル2本にするか、ティンセルやフェザーをつけるかは考え中です

とりあえずは現仕様では琵琶湖でボートでの使用を前提としています。
青野陸っぱりはそれからの投入になるかもしれません
もう一つ買って陸仕様も作ってみようかな??

アメリカクランク


さてさて最近アメリカで流行って、パクリ合戦まで行われているっぽいスクエアビルクランク。

もとは、ラッキークラフトUSAのFAT CB B.D.S4で大森貴洋が2004バスマスタークラシックを制したのが始まりかとも思います。もちろんバグリーのB2なんかもありましたが、個体差があって使いにくいとも言われてました。

そして、かのリッククランがラッキークラフトUSAとバスプロショップスのコラボで出したのが、RCクランクシリーズ。
このルアーがアメリカの大会でウィニングルアーになっていったわけです。

RCシリーズは私も大好きで、何個も持ってるんですが、いかんせん一個2000円前後と高い
中古など安い時を見て買ってました

そこで、昨年末あたりに出た、帝王ケビンバンダムが作ったRCそっくりのKVD1.5と2.5。これがまた今年のバスマスタークラシックで勝ってしまったわけで・・・
しかも値段が1000円前後と安い
某イさんのブログでも千鳥るとテストをしてました

さらにリッククランがバスプロショップスと契約を解除?したみたいで、アメリカのラッキーストライク社(笑)から同じようなクランクをを出しました値段も1000円前後で・・・

アメリカも日本も、ブームになるとパクリ合戦は変わりませんね
とりあえずは、私も使い込んでみたいなとは思います
メリカンルアーは独創的だし、質はともかく安いのが魅力的ですね

ちなみに、偉そうに語りましたが、昔から持ってるんですが、RC0.5しか釣ったことありません

そろそろ


初めて書きます
今日は夕方に梅田の1BANによってみると・・・
ZーMANのチャターベイトが680円で発見
少しは安くなっていたのでGETしときました

重さはもちろん1/2ozこのくらいの重さでもラインを太くしたり、トレーラーを大きくすると結構潜航深度は浅くなり、シャローが攻めることができます。
そして、なんといっても飛距離がでます

昨年は青野の春に、これにデスアダー6インチのトレーラーで50upを連発しました

今年もコレで釣りたいですね

テストテスト

ホンジツハセイテンナリ

| ホーム |


 ホーム