プロフィール

KEN1ujii

Author:KEN1ujii
釣り好きのオッサンでございます。
その他にも趣味はいろいろございますが、ここでは釣りに限定して書いていきたいと思います。
まっ、独り言のようにブツブツ講釈たれてるだけですので、基本ハイハイって流しつつ読んでいただけると幸いです。
内容は大半は道具に対する考え方になるかと思います。
ホンネは、最近減ってきた釣りに行く時間のストレス解消の場といったとこでしょうか(笑)
主なフィールドは、青野ダムや琵琶湖、東播野池です。久しぶりに池原・七色とかも行きたいな~遠いけど。

ありがとうございます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
まとめ

釣行記3

4月22日(日) 6~16時 琵琶湖 

またまた琵琶湖報告ですみません・・・
週間予報で天気が悪いのを気にしつつ前日まで悩みましたが、とりあえず行ってみることに。
パッと見たいしたことなさそうでしたが、実際に船を出してみると白波こそたってませんが、少しウネリが入っています。
周りはほとんど船はいてなくて貸切状態(笑)

とりあえず自衛隊前へ南下!!
強風でどうしようか悩みましたが、コンフィデンスがもてるJHで勝負していくことに。
思ったよりも流されるスピードが速く、リズムがつかめず苦戦です。
しかも狙いの3.5mラインにウィードがない・・・
魚探の画像もなんか変・・・
ウィードが生えそろってないのか7・・・
まさか・・・暴走?じゃなくて藻狩りされた???

それはともかく、なかなかお目当てのウィードのアウトサイドエッジが見つけられません。
数流し目で待望のバイトが。
今年初バスはドラグ出しまくりのブリブリのプリバス43cm。

その後、バイトはあるものの全く乗せれません。
移動しても同じような状況です。
そこで、ミオ筋狙いに絞っていくとscrumtryさんがいい感じで釣り上げてくれます(笑)
しばらく色んなマリーナ沖をやりましたが、揺れに疲れてきたので湾奥の風裏ゾーンにてしばし休憩。
持ってきた新型ルアーを投げたり談笑したりしつつ、数時間。アシ際に投げたプロップマジックに25cmが食いつきニュータックルの入魂完了(笑)

午後3時・・・
意を決して沖に勝負しにいくことに。
すると・・・scrumtryさんはポロポロ釣りますが私は・・・
ラスト数投で待望のバイトがあってドラグが鳴りますが数秒後スッポ抜けorz
すぐさま投げようとしますが、連絡船の航路上にいたため連絡線から警笛を鳴らされて移動・・・そして終了。

久しぶりのババ荒れ気味の琵琶湖。
まだ船がよかったのでそこそこの揺れにも耐えれたので一日釣りできました。ただ、波の向きによってはスプラッシュ系もアトラクション顔負けの水しぶきを浴びてボトボト。
カッパの下の服もかなりぬれておりました^^;
本来なら釣れ釣れのハズだったんですがねぇ~残念です。

釣果43・25cm  2匹。以上!!



スポンサーサイト

シャンデリー

さて、これからの戦力として大好きなTHタックルの新作を導入です。



シャンデリー
ヘッド重量3/8oz 全体重量20.5g
さすが濱田さん!!
見ての通り8枚もの小型ウィローリーフブレードがついているB級感ムンムンのスビナベです(笑)
このブレードが小魚の群れをイミテートしているらしく、ある意味流行りのアラバマ系と同じ理屈のようです。


さて、爆発するかキテレツで終わるか・・・
このワクワク感がたまりません(・∀・)

FB1



ついに到着しました。
ニシネルアーワークス FB1

ソフトカバークランキンを楽しむ、ある意味特殊なルアーです。
詳しくは前回のブログで貼ってあるリンクをごらんくださいませ。

ニシネルアーワークスと言えば、リアルな造形が特徴の発泡樹脂ルアー。最近はブレード付の独創性溢れるルアーを手掛けており、大手メーカーにはない魅力がプンプンしております。

値段は高いけど、所有感を満たしてくれるんですよね。

とりあえず、今週末の琵琶湖でシャローをこれで流そうかと思っております。
どこまでいけるか楽しみです!!

カナダへ発注!!

先日、ついに発売になった、ニシネルアーワークス ファットブル1。

ファットブル1
↑↑↑
詳しくはNishine Lure Works裏日記にてしております。

ネット限定での数量限定発売との事で、早速注文!!

なんせ、1feet潜行モデルのシャロクラ。
今までのクランクとは違うタイプのカバークランクのようです。
対ウッドや対ロックなどはよくありましたが、枯れハスなどの植物を回避できるセッティングをほどこしたクランクなんですね。
ちゅうことは・・・

野池ではもちろん(万が一の根かかりが怖いので投げにくいですが・・・)、琵琶湖ボートでの縦ストウィードにもよさげなんです。
これからのスポーニング期はもちろんとして、エビモパッチを狙う釣りにも使えそうで期待ですね^^

最近?、メジャーメーカーのルアーよりもハンドメイド系のルアーに魅力を感じる今日このごろ。
このようなメーカーさんって、大手メーカーにはない発想があって楽しいですよね~

Nishine Lure Works デカビーツァ・デンプシーテール・ブレクラMR5
T.H Tackle ホバリンブライス・コッタ・キングゼットン
KTW B-7・スナブノーズ
WooDream ノーネームクランク
は、特にお気に入り。

少し注目株としては・・・
KAESU
Roman Made
でしょうか。

なんせ、趣味の道具。楽しい道具で遊びたいですね^^

釣行記2

4月7日(土) 5:30~17:00  加西~社~青野

久しぶりに一日いけそうだったので、青野か野池か迷いましたが迷ったときは両方ということで行ってきました。
先日からの寒波がきつく、4月とは思えない気温です・・・
朝から冷え冷えで、釣れるのか?と思いつつ、タモ池に到着。

まずは、先日仕入れた「スマイルワーム マミー」のネコで様子を見ますが不発・・・
ならばと、赤のスピナベ投入。枯れたハスの間を丁寧に通していきますが不発・・・
しまいには風で流されたラインが気に引っかかってロスト・・・
あと、スースレで探るも何もおこらずIDO。

隣の5段池の3・4・5段を同じようなローテで探索しますが異常ナシであります。

この頃になると、雨も振り、風も出だしてますますテンションダウン・・・

ならばと、前回に行った池に行くも何もなし。

そして社に移動。
ガードレール池、双子池、また池と行くもなにもなし。

駱駝店にて情報収集するも、最近はあまりいい話は聞かないとのこと。
風が強くなってきたのでどうしようか迷いましたが、青野に向かって走りながら野池を探すことに。

東条湖周辺の池を見つけたのでやってみましたが、魚がいているのか不明・・・

青野到着(笑)

上流はなぜか人がいっぱいだったので、風裏であろう東浦にて勝負!!
ここでは、ハードボトムでシャローフラットである沖にスポーニングバスがいてるであろうと推測し、沖に向かってバイブやチャター、スピナベなどの巻き物を投げまくります。



が・・・



終了・・・



連続NBNFを喰らってしまいました><
しかし、ネストバスでさえも見つけられないとは・・・季節の進行が遅いのか、スポーニングポイントが沖なのか・・・
寒波と風がキツく身にしみた日でした。


内容がまったくなくてスミマセン・・・

| ホーム |


 ホーム