プロフィール

KEN1ujii

Author:KEN1ujii
釣り好きのオッサンでございます。
その他にも趣味はいろいろございますが、ここでは釣りに限定して書いていきたいと思います。
まっ、独り言のようにブツブツ講釈たれてるだけですので、基本ハイハイって流しつつ読んでいただけると幸いです。
内容は大半は道具に対する考え方になるかと思います。
ホンネは、最近減ってきた釣りに行く時間のストレス解消の場といったとこでしょうか(笑)
主なフィールドは、青野ダムや琵琶湖、東播野池です。久しぶりに池原・七色とかも行きたいな~遠いけど。

ありがとうございます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
まとめ

RapalaのCM

YouTubeで「Rapala Scatter Rap TV Spot: The Brawl」を見ませんか

すげぇ~(笑)
ルアー買うのにこんなバトルするなんて。
日本じゃ考えられないCMですな。

しかし、このRapala Scatter RAP。
ちょっとまえに、サルモがこの湾曲リップ出してるんですね(笑)

ラパラのパクり疑惑?

マサカ、ラパラまでもパクり合戦に参入?
と思わざるえん出来栄え。
販売網はラパラのが大きいからねぇ~売ってしまえば勝ちなんでしょうけど。

でも、ラパラは孤高のメーカーであって欲しいですねぇ~
とりあえずどちらかは見かけたら買ってみますけどね(笑)
スポンサーサイト

デビルチョッパー カレカ110 HSR



DEVIL CHOPPER CARECA 110
ハイスピードリトリーブモデル/IMAKATSU

全長:110mm
重量:20g

久しぶりにイマカツのルアーを買いました。
だって980円だったから(笑)

このルアー。
2010年に限定発売されたデビルリッパーカレカのダウンサイジングモデルです。
さらもう少し遡り、イマカツがアマゾン釣行で触発されてシングルぺラのビッグベイトが効くといいまくったので、一時期アマゾン系のデカくてウルサイルアーが大ブームに。
私も例外なく釣られてましたが何か?(笑)
そこで、ウッドチョッパーというルアーのぺラがサイコーということで、別のルアーに移植して使ってはりました。
で、このぺラとこのルアーのぺラがソックリなんですよね~
まっ、いいんですが。

その時に、同時進行でデビルリッパージンガというデカイぺラ付きのミノーが開発しており、こちらはすぐに発売されました。
残るカレカは、アマゾンブームが去ると共にお蔵入りに(笑)
しかし、ぺラルアーがにわかに流行りだすと復活!!
限定発売の後に、仕様を使いやすいように代えて正式発売。
こんな経緯があるルアーです。
ん?どうでもいいって?

いやいや、それだけ開発期間かけてらっしゃるんですよ(笑)

このカレカ、3種類ありまして、重さが…
15gのフローティングモデル
18.5gのシンキングモデル
20gのハイスピードリトリーブモデル
とあります。


そこで、今回仕入れたのは、このカレカのハイスピードリトリーブモデル。
これは、少し重く作ってあり速めに巻いても安定してあるようにしてあるそうです。
もしくは、ゆっくりと少し深いレンジを引ける感じでしょう。
また、ルアーをよく見ると、アイにローリングスイベルがついてあり、ぺラの回転が強すぎてボディがつられて回転してしまうので、それを抑える左右非対称のフィンと微妙に上向きにセットして浮き上がりやすくしているフィンと、アゴに動きを安定させるリップがついてあり、かなり苦労のあとが伺えます。

私個人的には、この手の水押しが少ないミノー形状でぺラがウルサイルアーは高速で巻いてリアクションで一気に喰わせるのが好きなんですよね。

下からミサイルのように浮き上がってきて水面ドッカン!!
妄想したらたまりません( ´∀`)

一休でのえぐり旅

さてさて、先日の寝屋川の一休でのえぐり旅。
ルアー編です(笑)


まずは、このRATL'N FAT RAP5/Rapara
今や廃盤されている稀少種です。
知る人ぞしる名作。
これのラウンドリップの4がいいらしいんですが、なかなか見当たりません。
このRFR5、ズレた目と黄色のプラを使ったベロ、黄ベロにメタリックなボディがたまりません。
リップの裏にはアイルランド産の文字が。ちなみにもうひとつ持っているやつはフィンランド産でした。こんなとこも本場で作ってるんだなぁと思うと感傷にひたれます♪
現行のファットラップはバルサ製でノンラトルですが、プラボディで小さなラトルが入っています。



続いては、SPIN-TRAP 1/4oz/BILL LEWIS LURES
これもマニアックな1品。
ラトルトラップのテールフックをブレードに買えたやつです。
バイブにブレードのアピールを加えた感じで結構釣れるんですよね。
バイブ&ブレードといえば、邪道のLV-500と200GPがありますが、あちらはアゴについてあり、微妙なフラッシングと動きに変化をつけるためのもの。こちらは、テールにあり、ブレード自体が大きくアピールするものとなってます。
これの更に小さなものもあるのですが、これもなかなか面白くはや巻きだとほとんどテールだけしか動いてない感じ(笑)
カラーも金と銀のメタリックしか見たことなかったので、赤があったとは知りませんでした。
これも春に巻いてみようかな?


お次は、Triple Impact120/SHIMANO
こちらは10年近く前に大ブレイクした、シマノ唯一のルアー(笑)
外部デザイナーとして、現NLWの西根さんを迎えてデザインされた名品。
当時は一世風靡して、買うのに一苦労でしたが、バジェットとか同じようなルアーがでだすとシマノ製のルアーの悲しさか一気に失速。一気に中古市場に流れてましたが、ここ数年密かに人気ルアーになっております。
特に120と105は人気あり、オークションでもまだ年数の割に高値で取引されているもよう。
120はスロー、105は高速と得意分野があり、アメリカでは105が人気とのことです。
しかも、この120は通常のジャラジャララトル仕様と違いセンターフラッシュボード内蔵されており、このボードが動くことでコトコト音を出しています。
ただ、590円という値のせい?か、少し背中が膨らんで開きかけてます(笑)
お風呂テストでは特に問題はないので、使ってから考えよう。



最後にLV-500max/LUCKY CRAFT
ボロボロですが使用にはなんら問題はなく、280円という安さに惹かれて購入。
遠慮なしに遠投してグリグリ巻けます(笑)

これだけ買っても1500円ほどでした♪ヽ(´▽`)/
マニアック万歳d(^-^)

New!! Scatter Rap /Rapara



Scatter Rap | Rapala

コレ面白そう!!
映像を見ていると、千鳥でもなくS字でもなくジグザグに動く軌道がいい感じです。
リップを見てるとそんなには潜らないと思うのですが、シャローをはや巻きとかで狙うと面白いあもですね。
また、リトリーブスピードによって意図的に飛ぶタイミングを変えれるのならここぞというポイントでクワセのきっかけにもなりそうです。

ラッキークラフトのビーツというバイブがあるのですが、これがある程度意図的に横にスライドアクションをおこすことができるのでコレに近ければとも思います。

しかし、このルアー。
特徴的な湾曲したリップがミソみたいで、クランクだけでなく、ミノーやシャッドバージョンも存在しています。

動きがどうちがうのか、トゥイッチとかでどう動くのか、タダマキ専用機なのか気になるところ満載です。
とりあえず見つけたら、買ってしまうだろなぁ(笑)

CBR781

G-ルーミス
CBR781
6.6ft
ML POWER
MOD-FAST ACTION

ライトプラッギング 用に何かいいロッドないかな~と物色しておりましたら、このライトクラスってあまりないんですよね~

で、フィッシングショーとかでさわりまくって候補にあがったのは値段は抜きにして・・・
①FD TS1610L
②NFC TCR610L
③G-ルーミス CBR781
④G-ルーミス CBR781-GLX

と、かなりマニアックなラインナップに(笑)
①はUDグラスコンポジット
②③④はカーボン


が、いかんせん値段が③以外余裕で4万オーバー
①にいたっては生産中止。
悩んでいましたが、scrumtryさんから寝屋川の一休に中古で在庫があるとの連絡があり、覗きに行くと・・・
まだ、ありました(笑)

触りまくっていると、前触ったGLXよりかは少し重くハリがないですが、いい感じのパワーです。
ライトクランキングやトップウォーターには良さげです。
グニグニ曲げながら悩んでいましたが・・・





やっちゃいました(笑)


これでしばらくやってみます!!
調べてみると、評価は高いので使い込んでみたいとおもいます。
グリップとかいじりたいですけど・・・
とりあえずコルク削ろうかな?

ちなみに、ルーミスの型番号はややこしくて、781だと、長さが78インチ。
1フィート=12インチ
78÷12=6あまり6
と、いうことで6.6ft
後の1が1パワー(ほぼMLクラス)

CBRはクランク ベイト ロッド
SBRはスピナーベイトロッド
など、用途に合わせて分かれており、さらにブランクスによりGLX・GL3・GL2などあります。
コチラにもCBRシリーズもあり、ブランクスによって同じ型番でもフィーリングが違いました。

ついに踏み入れてしまったルーミスのエリア。
マニアック志向のワタクシ。
ハマらなければいいんですが(笑)

しかし、寝屋川の一休って在庫が凄いですね(^_^;)
欲しいもんだらけで、メチャメチャ葛藤してました。
ルアーとかも買ったのですが、また次回にかきます♪

fisheyes

FishEyes Rod & Reel with Underwater Video Camera - Cool Gadget, Spy Gear for Kids, Fishing Pole For Kids

これ欲しいなぁ(笑)
Amazonで売ってるしなぁ~
ほんとに使えるならかなり面白いかも?

Amazonの使用者のコメント見ると、水中カメラが浸水することもあるみたいで・・・
日本製ではないから仕方ないかもね。

FB4

先月末ですが、またまたカナダからラブレターでなくてルアーが到着!!
(正確にはmade in カナダで日本からの発送ですが・・・)
そう、いつものNLWルアー。


ファットブル4
全長 60mm
重量 16.1g
潜航深度 4ft/1.2m(16lb line)

今回発売になったのはこの2色。
オスギルとスレッドフィンシャッド。
フェイスブックでアンケートをとって決めたカラーです。
私の希望したカラー(ザリガニカラー)ではなかったですが、なかなかいいカラーでたまりません。
しかも色にも秘密が隠されていて・・・

オスギル&スレッドフィンシャッドカラーのご紹介 : Nishine Lure Works 裏日記

なかなか面白い仕掛けで楽しませてくれます♪

FB4: Nishine Lure Works 裏日記
ルアーの詳しい説明はコチラ(笑)

ちなみにこのルアー 。
HPでのネット販売のみの販売なんですが、回を重ねるごとに人気になっており、今回は特にカラーリクエストのアンケートしたもんだから、大変なことに(笑)

1月23日
20:02 販売開始
20:13 オスギル売り切れ
20:21 スレッドフィンシャッド売り切れ

と、初回出荷分速攻で売り切れました。
ただ、しんせつな西根さん。
何日間かバックオーダーを受け付けてくれはるので、日にちさえかかるけど、手にすることは可能なんです。
でも、早く使いたいのが人の心情。
私は速攻で注文入れたので初回に間に合って手元に届いた次第です(*´∀`)♪

春はまた巻きまくるとしますか!!
(気持ちが折れなければ(笑))
とりあえず早春のザリガニパターンやってみたいですね。
(やったことあるのか??(笑))
ウイグルワートとどちらが釣れるか楽しみです。
(ビッグベイト投げてるような気がする)

小物類整理

今日は珍しく予定がなく、外も冷え込んでいるので、家で溜まってるテレビ番組を見てました。
最近ハマっているのが、コレ!!
↓↓↓↓↓↓

怪物魚を追え!シーズン4 | ディスカバリーチャンネル

世界中の淡水怪物魚を求めて釣り?探しに?行く番組ですが、なんせこのジェレミーというオッサン。
生物学者なんですが、やることメチャメチャ(笑)
よく生きてるなぁと思います(^_^;)
環境保護のため仕掛けが根掛かりしたら、泳いで取りに行くなんて当たり前。ピラニアの川に飛び込んだり普通にします。
でも、一度は釣ってみたいなぁ~と思いつつ見ております。


と、まぁこの番組を見つつシーズンに向けて小物の整理です。
安い時に買い込んだ、ジグヘッドやフック、シンカー類をケースに整理して収納します。


がまかつ ラウンド25Rと211ケース。
私のメインジグヘッドケースです。
0.9g・1.3g・1.8g・2.6g
特によく使う1.8gは、フックサイズを2~2/0まで用意。



ジグヘッドケース2
シェイキーヘッド系をメインに、少し特殊なジグヘッド類を収納。



オフセットフックケース。
5/0までのオフセットフックをまとめて収納。
これ以上大きなフックは入らないので、別保管。
メインに使っているのが、NOIKE トラップフック。



シンカーケース。
2.6~10gのバレットシンカー、DSシンカー類を収納。
下側には、ケムテキシンカー入れてます。



スモラバ&小物ケース。
とりあえず入れてますが、まだまだ考え中。


ライトリグケース。
0.9g・1.3g・1.8gのNOIKE DSシンカー、ネイルシンカー、バレットシンカーを収納。
フックは、NOIKE スマイルフック(ネコ用)とクイックフック(DS用)を各種。
がまかつのフィネスフックを収納し、ライトリグらこれだけで対応できます。

以上ですが、ケース類が増えたので陸っぱりのときどうしようか悩むとこですね(笑)
まっ、またプラグメインでいけば問題ないんですけど・・・
まっまた考えます!!

ショートワート

先日、黄色の看板の中古屋をえぐっていたところ、ん?なものを発見。
ウイグルワートに似た顔つきでリップが小さい。思わずスルーするとこでしたが詳しく見てみることに。そして、妙に古いし、傷だらけにも関わらず値段が840円もしている。


よくみるとショートワートではありませんか!!
少しレアなものを発見です。
他にもファッツオーとかないかと物色するも、見つからず。
即回収です(^-^)ゝ゛

すでに廃盤にも関わらず人気があるこのルアー。
初ゲットです(*´∀`)♪
ストーム社のこの顔がかわいいんですよね。

目が微妙に歪んでいるのがそれぞれ個性を作り出していて愛着がわくんです。


そして、整形の精度が悪いのか、作るのが雑なのかして微妙に繋ぎ目に段差が(笑)
製品としてはダメダメですが、モノとしては愛嬌があっていいです。不思議ですね(笑)
日本製でこんなのあったら即クレームもんですが、アメリカンだと許されるんですよね~
だってみんなこんな作りだから仕方ないもんね。逆に綺麗とこっちが不良品に見えてしまうくらいです。


リップの裏には歪んでかすれたルアー名のプリントが(笑)
たまらなく味わいがあっていいですd(^-^)
まだまだ未熟者の私は、このプリントがなければオールド系は区別つきにくいです(^_^;)

また、お腹に吹かれた赤ラメが個人的に大好きです(*´∀`)♪

ちなみに色は、アユカラーに見えるのですが・・・
いつも調べる、のんだくれさんのHPによると、アユカラーは日本の限定カラーらしい。
ひょっとして貴重なモノなのか??
傷だらけではなかったら・・・
ルアー千一夜 : ショートワート/ストーム

とは、思いますがガンガン使います(笑)
動きと音は、プリプリでメガバスのグリフォンににており、時折千鳥るのが流石と唸らさせます。
小粒でもピリリと辛い。
山椒のようなルアーに感じました(笑)
古いルアーでたまに釣ると面白いですもんね。

真冬のバズベイト??

またしても、メモ代わりの備忘録です。

ゲーリークラインの真冬のバズベイトパターン

http://beatour.exblog.jp/9341908/


以下、上記HPからの引用。

ゲーリー・クラインによると、

多くのアングラーは寒すぎると言うことで、2月に バズベイトを投げると言う事は考えから捨て去って いるが、このパターンは自分の中では絶大な自信が あり、時には最もプロダクティブなパターンになり える。 もし、貴方がレイトウィンターのバズベイトパター ンでバイトを得られたなら、おそらくそれはヘビー ウェイトだろう。

との事です。

ゲーリー・クラインによると、このチャンスが訪れ るのは40F半ば~50F弱ぐらい(約7℃~1 0℃弱)、スポーニングシーズンの1ヶ月~2ヶ月 前。

そして狙い目は以下のような感じ。 ■ 水温の上がる午後のシャローでのフィーディン グバス。 ■ 風のない穏やかな日。 ■ 北風からプロテクトされたポケットやコーブや ショアラインなど。

2月の暖かい日、冷たい北風をプロテクトするこう いうエリアは、南岸のバンクより水温が数度高いそ うです。

そして、それらのエリアにスタンプやログなどのカ バーがあれば尚良し。

キーポイントは、出来る限りバズベイトをゆっくり と引く事。

ゲーリー・クラインはバズベイトのブレードアーム を微妙に下に曲げて、よりゆっくりリトリーブでき るようにしているそうです。

そして、カバーの周りをバズベイトで引き、それで バイトがないようであれば、カバーの中をフリップ で狙うそうです。

と、簡単ではありますが以上のような内容でした ~。

冬場にバズベイトってかなり衝撃的な話だと思いま すが、でもこれはマジでありえると思います。

というのも、僕自身もこのパターンに当たるかどう かワカリマセンが、以前、3月の西の湖の水深50セ ンチぐらいの葦エリアでバズベイトで大当たりした 事があるんです。

セオリーで言ったら、トップになんて絶対に出なさ そうな水温にも関わらず、実際にはドッカー ン!!って、笑いが止まりませんでした。(笑)

んー、バズベイトってホントに不思議なルアーです よね。


↑↑↑↑↑
以上。
なるほど~
なんでも投げてみんことにはわからんもんなんですね。
釣りに行く機会あれば投げてみよかな?

スキート・リース



FAT SMASHER75 /LUCKY CRAFT USA
http://www.luckycraft.jp/FW/crankbait/fatsmasher75.htm

先日のフィッシングショーでいただいたものです。
リップレスで3ジョイント。巻くと尻尾をクネクネして泳いできます。
クランクともバイブレーションともちがうジャンルで、ハイシーズンに巻き倒したいですね(^-^)
ウィードの上やカバーの際とかを通すと面白そうです(*´∀`)♪


こなルアーの企画者?でもある、スキート・リースはアメリカのトッププロ。

もらったファンカードの裏にはchampionの文字がギッシリ。


そして、いただいたTシャツ。
サインしてもらいましたが、何故か胸もと(笑)



セミナーでは、英語にも関わらず聞いていましたが、同じスポーツ?を愛するもの同士。
聞き覚えのある単語とかが聞き取れ、なんとなく意味がわかるのが不思議でした(笑)
こんな時じゃないと全米トッププロの話なんて聞けませんもんね。英語を勉強しておけばと、この時ほど思ったことはありません(^_^;)

握手もしてもらいましたが、物凄い手をしてました・・・
そらあんな重たい竿に、引き重りのするクランクを1日巻き続けられるわ・・・(笑)

さて、今年も私自身もいい釣りしたいですね♪

ハンドル交換

さて、かれこれ10年近く使っているシマノ メタニウムMg。
最近、このハンドルが短くてやりにくく感じてきたので、少し巻き上げパワーを上げるために、やや感度を犠牲にしますが長くしてみることに。
用意したのは、シマノ アルデバランの80mmとMg7の84mm純正ハンドル。
アルデバランは別売りのハンドルに替えてあるので余っているハンドルの再利用です。

2つで悩みましたが、アルデバランも含めて84mmのハンドルがメインで使っているので違和感をなくすために7用の84mmを選択しました。


上が純正ハンドル70mm
下がアルデバランMg7用純正ハンドル84mm
結構長さがちがいますね。

そして、ハンドルノブ内に入れるボールベアリング。

これがないとノブがつけれません。
いいベアリングにしようかと悩みましたが、ハンドル内なので安物でいいやと、ラジコン用のを模型屋で仕入れてきました。
サイズは、7×4×2.5mm(外径×内径×幅)
ノーマルハンドルには入ってないので、一気に巻き心地が変わることでしょう♪


パーツクリーナーで脱脂してからオイルを注入。


下側にセット。


シャフトにグリスを塗布してからノブを装着し、上からもうひとつベアリングを押し込み、ネジをしめて完成。
ちなみに、このノブもアルデバランからの流用。
もともとノブに2ベアリング入っていたので、スムーズに装着できました。


センターキャップと脱落防止プレートを装着して完成。


シルバー一色のリールが、ハンドル部が黒になることで少しは精悍になりました。
ドラグも変えたかったんですが、アダプターがないので断念。今度買ってきてアルデバランのに変えようかな?

巻き心地は、ハンドル部にベアリングを入れた事や、ロングハンドル化したことで非常にスムーズになりました。
ハンドルの長さもほぼ統一したので、リズムよくロッドを持ちかえできそうです。

申し訳ございません

本日、何気なく自分のブログの管理してましたら、コメントが入っているのに気付かず返信できていませんでした。

通常でしたらコメントが入ればメール入るのですが、迷惑メールの設定でどうやら弾かれていたようです。

昨年よりこのような状態でした。
せっかくコメントいただいたのに申し訳ございません。
これからは、チェックしていきますのでよろしくお願いいたします。

たまらんなぁ

N.I.B.トレーディング オンラインストア

ここのオンラインストア。
マニアックなルアー大好きな私にとっては宝の山に見えてきます。
もう興奮しっぱなしです(笑)

でも、買うのに二の足をふんでるのだけどね。

怪しさ満点。こんなので魚が釣れたら面白い!!
と、思うモノが満載です。

あと、この方のブログも大好きで、中古釣具屋でレアそうなの見つけたらその場で検索します(笑)

むむっ。
欲しい・・・通販だと嫁さんにバレバレ・・・
買うタイミングが大切です(*´∀`)♪

ワカサギ2013

さて今年も行ってきました。
恒例ワカサギ釣りin余呉湖。


朝一6時まえから桟橋に陣取って頑張ってきました。


比較的暖かくよかったんですが、風が吹くとやはり寒いです((+_+))
早速漁探でチェックすると下に魚の群れがいてます(笑)

速攻で釣り開始!!
確かに釣れますが、サイズが5センチから10センチくらいまでのばかりで小さいです。
しかも釣れても単発で、鈴なりとは程遠い食いです。
そんなこんなで12時まで頑張りましたが、魚が移動して消えたので撤収。

数えると152匹と数はまずまず。
よくいえばもう少し欲しかったですね。




1人あたま76匹と食べるにはいい感じで、美味しく太巻きといただきました。

来年の課題として、どうも乗りが悪く掛かりにくかったので、隣と差があったのでタックルセッティングを煮詰めないといけないかも?
PEが水中で水を切っているのか、風を切って水中に伝わっているのか。
もしくは、グラスソリッドのチヌ用イカダ竿が胴調子すぎて小さい魚がフックアップしないのか。
考えるとこですね。
釣りって考えだすと楽しいですね(^-^)

フィッシングショー大阪2

お次はラッキークラフトのブース。
今年は小さくてショボいなぁと思ってると、どこかで見た顔が・・・

青野のほとりにあった釣具屋ウエストポイントの店主の福田さんでした。(笑)
どうやらファイブコアというラッキー関連の仕事をしているもよう。

で、横見てみたら、居てました!!
スキート・リース!!


それからセミナーを少し聞いて質問したらルアーを、そのあとの抽選にてTシャツもゲットしました。


エバグリでは、菊元さんがセミナーのつかみでキンタロー。のモノマネ「サトシンが嫌いでもエバグリは嫌いにならないでください!!フライングゲット。」でさむ~い空気に(笑)
プロップマジック95やボウワームの小さいのとか特に目新しいものはなかったです。

ダイワでは・・・

このNOKANクランクが注目。

リールはT3系統が主体でしたが、あのパカパカが気になります(笑)

次はブレッドアボガーストの新作

BAZZ PLUG
ペラにブレッドアボガーストの文字が抜いてあるのがイカしてます(笑)
そしてこのキウイみたいなカワイイボディーがたまりません。何個も揃えてしまいそうな要素アリアリですね(^_^;)



そして、ノリーズブースにいてるとOKB!さんが声をかけてくれまして、お久しぶりの再開で嬉しかったです。
しばらくご一緒に回らせていただきました。

最後に寂しい思いせずにすみました♪
ありがとうございます!!

と、まぁとりあえずこんなもんでしょうか?
かなり偏っレポートですみません(笑)

フィッシングショー大阪

行ってきました。
フィッシングショー大阪2013
朝8時すぎに着くと入口には物凄い行列・・・
もうすでに人酔いがしてきそうです。(笑)

そうこうしているうちに開場。
まずは「がまかつ」ブースに向かいDVDをもらいにいきます。
そしてATS05シリーズを物色。
すると・・・

健ちゃんプロこと、関根健太氏登場(笑)
最近の琵琶湖状況などを伺います♪

お次はシマノブース。
目的はコレ!!

ニューメタニウム!!
今回はマイクロモジュールギアと3種類のギヤ比から選べます。
巻いた印象は、軽いしシルキー。軽いのにギヤが噛み合ってる感があり気持ちいいです。
8.5ギヤの方は48mmロングハンドルに大きめのノブがついていて巻き重りの軽減に役立ってそうです。
ただ、色が・・・なんで二色なんだろう(^_^;)

お次は、アブ ガルシア

レボ エリート8&7
こちらは遠心ブレーキ仕様
ギヤ比も8と7の2種類。コンパクトなアルミボディーでサイドプレートは樹脂製。
巻き心地は軽い!!メタニウムとは対照的にギヤがないかのようにクルクル廻ります。
この辺は好き好みが別れるとこでしょうか?


レボ パワークランク5&6
こちらはマグネットブレーキ仕様。
エリートと比べてもブレーキシステム以外は同じ?と思える感じ。
ギヤ比とブレーキシステムからして、エリートはジグ&テキサスでこちらはマキモノ用という住み分けてる模様。
なので、フィーリングもほぼ同じです。
先代のパワークランクの雰囲気は全くありませんね。これはこれでいいんでしょうけど(^_^;)


こちらが、先代パワークランクの系統を受け継ぐ感じに仕上がってた、ビッグシューター コンパクト。
ギヤ比は8!!ハンドルはビッグシューターと同じ!!ボディーはエリートとパワークランクと同じですが、サイドプレートもアルミ製やギヤの素材も替えると頑丈にできてますが、重量が重くなってます。

今年のアブの新作はボディーが同じて中身を替えてきた感じです。

| ホーム |


 ホーム