FC2ブログ

プロフィール

KEN1ujii

Author:KEN1ujii
釣り好きのオッサンでございます。
その他にも趣味はいろいろございますが、ここでは釣りに限定して書いていきたいと思います。
まっ、独り言のようにブツブツ講釈たれてるだけですので、基本ハイハイって流しつつ読んでいただけると幸いです。
内容は大半は道具に対する考え方になるかと思います。
ホンネは、最近減ってきた釣りに行く時間のストレス解消の場といったとこでしょうか(笑)
主なフィールドは、青野ダムや琵琶湖、東播野池です。久しぶりに池原・七色とかも行きたいな~遠いけど。

ありがとうございます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

新兵器

昨年、愛用魚探(ワンダースワンの簡易魚探ですが・・・)を海に沈めてしまい、どうしよかと思案していました。
そして、冬の間に意を決して買おうと。
ローランスかホンデックスか迷いに迷って、本格的な魚探の練習をとりあえずしたいということ、買いやすさ、電源の簡単さでホンデックスに。
ローランスはデータの引き継ぎもできるしほしかったんですが、値段と売ってるところがイマイチわからんということで今回は諦めました。


買ったのはPS611CNという入門用のポータブルタイプ。
乾電池でもバッテリーでも、モバイルバッテリーでも動くというシロモノ。
レンタルボートが主体なもんで、これくらいから始めて見ようと。

そうなると取り付け方法。
色々と思案し、作ってみました。
本体はこんな感じ。


これに振動子を船に固定する器具を作成。

塩ビパイプの先に振動子と水温センサーを取り付け。水温センサーは海での使用を考えて、海水用のものを。


先端はパイプを組み合わせたり、穴開けたりして取り付け。
パイプの長さはしばらくしたらカットする予定。


パイプの固定と、本体の取り付けは竿受けを利用し取り付け。これでとりあえずはできました。

先日の釣行で使ってみましたが、クランプの取り付け部の浅さが気になりなかなか船に付けれないトラブルが発生。
なんとか後方部に着けれました。
しかし、後ろにつけると、エンジンで走行中でも波の影響がほとんど受けないので安定しています。これはこれでいいかも?
クランプを2つ使うかして考えよう。
配線がギリギリなのが気になるとこなので、もう少し考えます。

魚探自体は今までよりかなり見やすく、使えます。これから味方を勉強したいですね。

スポンサーサイト

<< 今年初のイカ釣り | ホーム | 釣行記3 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム