プロフィール

KEN1ujii

Author:KEN1ujii
釣り好きのオッサンでございます。
その他にも趣味はいろいろございますが、ここでは釣りに限定して書いていきたいと思います。
まっ、独り言のようにブツブツ講釈たれてるだけですので、基本ハイハイって流しつつ読んでいただけると幸いです。
内容は大半は道具に対する考え方になるかと思います。
ホンネは、最近減ってきた釣りに行く時間のストレス解消の場といったとこでしょうか(笑)
主なフィールドは、青野ダムや琵琶湖、東播野池です。久しぶりに池原・七色とかも行きたいな~遠いけど。

ありがとうございます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
まとめ

釣行記11

8月27日(日) 5:30~17:30 琵琶湖

なんやかんやで、今月3回目の琵琶湖。
しかも、状況が全て違うという泣きそうな釣行・・・
魚探しが毎回大変なんですよね~ホントに。
でも、ウィードの感じは掴めてるので少しはマシなんですが。

さて、今回はライトリグ無しのパワーゲームメインの1日で、テ師匠とお初のばんさんとの釣行。


まずは、マリーナ周辺。
移動。

北エリアがイマイチっぽいので、南にバウを向けてアクティバ~カネカ沖アウトサイドで、グラスパンチ。
時折、小バスや小ギルが見えるがアタリはナシ。

少し降ったところで、風向きがコロコロ変わり止まります。
そこではフリーリグでエビとカナダの混成を撃ってると、中もやるかとパンチをすると

ドン!!
NFC PFR71Hがフルベンドしながら寄せてきた1匹。
ここもやはり、小さいベイトが居てたエリアでした。そんなとこかな?と思ってやっていてもアタリません。
そして、大船団の六本柱北、南もやるがイマイチ。


ガイド船の周辺は船だらけ。
でも釣らせてるのは流石。周りを少し見させてもらったら、シャローに移動。
フリップタイム突入。


結構船もいてます。
みなさん考えることは同じですね。
撃ちまくるも反応が薄い。
水通しのいいエリアを流していると、
ドン!!

歯がイカつい魚。ゲット。姿が南湖の魚ですね。
こちらはiRODフルベンド。

しばらくやりますが、当たらないので沖展開に。
とりあえず葉山川周辺やるとダメ、ならばと朝の釣れたエリアから六本柱北までながすと

ロングカーリーでカワイイ1匹。

その後マリーナでしばし休憩後、周辺シャローを撃ちまくりますが何も起こらず終了。

1日よく遊びました。
テ師匠、ばんさん、楽しい1日ありがとうございました!!
次回は簡単に魚が触れるように頑張ります(^^;)
またよろしくお願いします!!

釣果 3匹(56・52・30クラス)

ヒットルアー
エスケープツイン
G2ストレート
フリックカーリー7.8


2017
月 回数 匹数、サイズ
3月 2回 1匹(50up×1)
4月 1回 6匹(50up×1・40up×4・30up×1)
5月 2回 8匹(40up×2・30up×5・30以下×1)
6月 2回 12匹(50up×2・40up×4・30up×5・30以下×1)
7月 1回 5匹(40up×2・30up×1・30以下×2)
8月 3回 5匹(50up×3・40up×1・30up×1)

備忘録として

ちょっと備忘録がてらに。
今年はほぼ琵琶湖にしか釣りに行ってません。
まぁ月一は船に乗って出たいなぁと思っていて、今年はそれをやっています。
その代わり、ルアーとかの釣り具は消耗品以外あまり買わなくなっていて、ワームとかは8割方在庫を使ってます(笑)

そこで、今の琵琶湖ではグラスパンチが釣りの組み立てには欠かせなくなってきているわけで・・・
通常ではジカリグ系でしますが、糸ヨレとシンカー直付けだとフックに絡んだりもするわけで。
ちょい健ちゃんに教えてもらった、こんなシステムをしています。


フックにリングを装着。
そこにWクレンタイプのスイベル。
そして、タチウオ用のワイヤーリーダー7cmをつけます。
この部品は接続部をチューブでもともと保護してくれているので楽チン。そして下のスナップにシンカーを付ける訳です。
これの何が良いかって、シンカーの重さを直ぐに変えれるんですよね。
いちいちリングをプライヤーで開けてってを湖上でしなくてもいいと。
あと、ワイヤーなんでウィードが絡みにくいってのがあります。
ショートダウンショットみたいな感じです。
庄司プロのパンチショットシンカー良いんですけど、いちいちシンカーを買い換えるのも高いし(^^;)


そこでフックですが、最近ナローゲイブのフックがお気に入り。
このパンチショットでは


がまかつ WORM34R
太軸ワイヤーでいい感じ。デカいの掛けてもビクともしません。ウィード抜けもいいのでパンチにはこのフックを使用。

そっからチビのダウンショットとか、色々使えるので最近は少し軸の細いこの子。


イチカワフィッシングのTG1がお気に入り。
これの4番なんてライトリグにピッタリ。
よく刺さるしいい感じです。


そして、なかなか売ってませんが、

カルティバ バルキースピア

このフックですが、こんな刺し方します。

つまり、ストレートフックに近いセットになるんです。とても良いんですが、フックの在庫があるのと、なかなか売ってないのでまだ完全に導入していません(^^;)
これの細軸でスキニーリップてのもありますんで、そのうち廃盤にならなければ足していきたいですね。サイズが大きいので用途は限られますけど。




釣行記10

8月14日(月) 5~17:30 琵琶湖

お盆休みで、チビも休みなのでチビの船乗りたいの希望より・・・琵琶湖へゴーでございます。

前回より台風の影響も入ってるし、全開放流なので渋くなってる反面、魚は固まってるかなと。
様子を調べて来ました。
が、予算の関係上(笑)
9.9馬力艇で、エリアを絞り粘ってやろかと。
しかも、普段あまりしない北エリアをじっくり釣り込んで行こうと。



まずは木ノ浜沖に。
前回来たカナダモフラットとドームを確認しに行きます。
ちなみに、写真では分かりにくいですが、下野艇が浮かんでいました(^^;)

が、カレントが効いていた場所なので、ウィードが飛んでしまってる(笑)
エビ藻以外流れてるし・・・南風の前回放流(^^;)
イヤな予感しかしません。
しかも、フリーリグで初めから狙っていったのでアタリは皆無・・・
チビのライトテキサスには1匹ヒット。
普段は、JHで探っていくんですが、今日はフリーリグとパンチ、軽いジグで探って行きましたが全くアタリません。11時まで粘りましたが休憩の為マリーナへ。
せっかくなので、ヒシモを撃っていきます。

うん。
休憩。

しばしランチタイムのあと、せっかくなのでシャローをします。
カエルと撃ちモンでやるもイマイチ。

お手本フィッシュ(笑)
ドシャローで豆サイズでチビと遊んでたら、沈船に引っかかって座礁(笑
レスキューしてもらいました・・・

そのあと沖へ行き、チャンネルライン添いのカナダモモサモサエリアを見つけたので、北風に変わっていたので、ひたすら流し、パンチし続けます。
ここのラインは、かなり残ってますが、かなり流れで倒れ込んでます。ここはぬけてないんですね(^^;)
で、

ブリブリの納得いくパンチでの一撃。
47cm

その後はまたアタリもなく・・・
夕方は巻こうかと、木ノ浜の4m前後のフラットへ。
ひたすらマグナムクランクを1時間巻き続けてきました。
握力がなくなってきた頃にタイムアップ(^^;)
難しい一日でした。

色んなガイドのブログを見ていると釣れているので、前回放流へのアジャストが必要でしたね。
あとは、いつもの釣り方をあえてしなかったことや、いつもの南エリアに行ってないのが・・・
北にこだわったのが、少し裏目に出たかな?
またこれも勉強。
次に活かしたいと思います(^。^)



釣果
1匹
2017
月 回数 匹数、サイズ
3月 2回 1匹(50up×1)
4月 1回 6匹(50up×1・40up×4・30up×1)
5月 2回 8匹(40up×2・30up×5・30以下×1)
6月 2回 12匹(50up×2・40up×4・30up×5・30以下×1)
7月 1回 5匹(40up×2・30up×1・30以下×2)
8月 2回 2匹(50up×1・40up×1)

ヒットルアー
G2ストレート 6インチ


釣行記9

8月1日(火) 琵琶湖 7~

さて、年に一度のお楽しみ。
健ちゃんプロのガイド修行に行ってきました。
今年もモチロン、ビワマス、バスのミックスツアー!!


マリーナで待ち合わせてから、打ち合わせ後、いざ北湖へ!!
まずはビワマスのレイクトローリング!!


ノンキーのビワマスくんとともにこんなウグイくんも、飽きない程度に相手してくれますが、本命サイズが・・・
ちなみに、30以下はリリースが義務付けられているそうです。

そうこうしているうちに北風が吹き・・・


かなりのサイズの波がきます。
この風が吹いたタイミングで、

57センチ

続いて40アップと続いたが、それ以降は無。
チビも釣れなくなりました。
流石に荒れると厳しい感じです。すると、ジジジとABUの7000番の乾いて軽快なドラグ音が響きます。慎重にやり取り。かなり引きますが、無念のフックオフ・・・
どうやらドラグを締め過ぎたようで・・・
そういや、トラウトってドラグがユルユルですよね。指摘されて納得。口が柔らかいので、キツく引っ張り合いすると口が裂けてばれるのだそうです。
次こそは!!と思ってましたが、時間と爆風になり波もかなりになっているので無念の撤収。


帰りはかなりスプラッシュを浴び、夏を堪能(^。^)
涼しくなりまながら、一旦マリーナに帰港。

準備を済ませたら、後半戦スタート。
帰り道に時間も取られて、14時頃スタート。
ここまできたら、一発狙い。最低50アップ、ロクマルを釣りたいとオーダー。

という事で、パンチショットを撃ちまくりの千本ノック。
ポイントをランガンしていきます。
なぜここを狙うのかというツボなどを教えてもらいながら、撃っていきます。撃っていきます。
が、風が吹きすぎてアタリません(^^;)

それならばと、フリーリグにチャレンジ。
要はテキサスの変形版ですね。やる事は同じ。
ポイントはエリアを絞り粘ることに。
そして、船頭のお手本フィッシュのあと。
ラインが張り、ん?と気づくくらいユックリと放置してからの巻き合わせ!!
NFC PFR71Hがフルベンド。でもまだまだ懐に余裕。一気に寄せての・・・


来ました!!
ロクには届きませんが、55センチ 2800gのゴン太。
思わずヨッシャ!!
釣れた場所が変だったので、聞いてみると・・・
いわゆる「モヌケ」だと(笑)
あっ、納得。

今年のデカいのは、ツルツルのチョンかモサモサのツルの場所。それをひたすら探してやってく。
何時もの私ならJHですね。

さて、それからは小バスのバイトのみ。
頑張って最後まで粘らせてもらうも無念のタイムアップ。


風に翻弄された1日でした。
数はつれてませんが、ビワマス、バスともに55アップと、サイズは出て良かったです。
まて、今後の宿題と引き出しが増えたので、次の琵琶湖が楽しみ!!
早く浮きたい!!
そして、また来年行けるように頑張らねば。



釣果 ビワマス2匹(57.40アップ)
バス1匹(55)


ヒットルアー(バスのみ)
G2カーリー(プロト)




2017
月 回数 匹数、サイズ
3月 2回 1匹(50up×1)
4月 1回 6匹(50up×1・40up×4・30up×1)
5月 2回 8匹(40up×2・30up×5・30以下×1)
6月 2回 12匹(50up×2・40up×4・30up×5・30以下×1)
7月 1回 5匹(40up×2・30up×1・30以下×2)
8月 1回 1匹(50up×1)

着弾(少し前ですが・・)




少し前ですが、NLWのルアー達がやってきました。
ちょいちょい利用させてもらってる、スタジオ ソラさんのオリカラver.のオチアユミノー125FR。
ソラブルーとソラスメルト。
箱を開けて初めて見たときは、あまりにもの美しさに言葉を失うことに。

重さは1オンス超え、ブレード2枚ついたビッグミノーです。
ゆっくりと引いた時のアピールは、ビッグベイトさながらの存在感があります。

さて、後は魚を連れてきてもらうのみ!!
てか、先に腕を磨かねば(笑

| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ